カードローン ブラックリスト

1.金融ブラック情報を徹底解説!

カードローンを利用するときに知っておいて欲しいことが、金融ブラック情報です。
よくブラックリストという言葉を耳にする人も多いと思いますが、このブラックリストに載るという状態は、金融事故を起こしたという事実が信用情報に記録されるということを指している言葉です。
金融事故を起こすと、個人情報機関に記録されている信用情報にその事実が記録されることになり、個人情報機関に加盟している金融機関なら、どこの金融機関もその情報を確認できる状態となります。
どこの金融機関も同じですが、基本的に金融事故を起こすような人に融資をしてくれるところはありません。
そのため、カードローンを利用する時には、金融事故には注意をする必要があります。

 

1-1.支払いの滞納による金融事故とは

金融事故っていったいどんなことと思っている人も多いのではないでしょうか。
金融事故とは、数カ月にも及ぶ延滞や、自己破産や任意整理といった債務整理をすることを言います。
よく延滞などをするとブラック扱いされると言われていますが、一回や二回程度の延滞ではブラック扱いされることはないようです。
しかし、三回以上の延滞などを繰り返すと、これはブラック扱いとなる場合もあるので注意が必要です。
また、最近過払い金請求などをする人もいるようですが、債務がある状態でその金融機関に過払い金請求をすると、それは任意整理と判断され、ブラック扱いとなるのでこの点も注意する必要があります。

 

1-2.信用事故情報は個人信用情報機関に記録される

金融事故を起こした場合には、必ず個人情報機関に記録されると考えておく必要があります。
これは、金融機関が安全に融資をするためにはとても重要なことです。
最近では即日融資が利用できる金融機関が増えてきましたが、その理由の一つが、この信用事故情報をすぐに確認できる環境があるために可能となっていると考えられます。
金融事故を起こした人にとっては、この個人情報機関は厄介と感じるかもしれませんが、確実に返済している人にとっては大きなメリットにもなります。
金融機関がこの情報を確認して、確実に返済していて信用できる人と判断することが出来れば、審査に通りやすくもなりますし、利用限度額も高めに設定されるかもしれません。

 

1-3.ブラックリストになることのデメリット

ブラックリストになってしまうと、金融機関から大きな信用を失った状態になります。
この状態がブラックリストになるデメリットです。
金融機関からの信用を失うということは、金融機関から融資が受けられないということです。
カードローンだけでなく、クレジットカード、住宅ローン、教育ローン、自動車ローンなど様々な融資に対して利用が出来なくなります。
多くの人が、金融機関から融資を受けて今の生活を保っています。
その金融機関からの融資が受けられないことにより、今の生活も困難になる可能性があります。
このような状態にならないためにも、カードローンを利用する時には慎重な利用が大切です。

2.カードローンの返済がどれくらい滞ると事故扱いになるかを検証

一度でも延滞をしたことがある人の中には、いったいどの程度返済が遅れると事故扱いになるのかと、不安を感じている人もいるのではないでしょうか。
個人情報機関の定義では、返済日から61日以上、または3カ月以上の支払い遅延があるものとされています。
このように、61日以上の延滞があった場合には事故情報として記録される可能性があるということになります。
この61日以上経過すれば、すぐに事故情報として扱う金融機関もあれば、3カ月以上経過して事故情報として扱う金融機関もあり、61日経過したからと言って必ず事故情報として記録されるというわけではありません。

 

2-1.債務整理や自己破産もブラック情報に

金融事故として、最も厳しく扱われるのが自己破産です。
この自己破産をした場合には、確実にブラック情報として記録され、10年間はこの記録は消えることはありません。
10年間記録が消えないということは、金融機関の融資は10年間受けられないということです。
信用状機関は3機関あり、それぞれの信用情報機関によって保存される期間には違いがあり、自己破産でも5年間というところはあるのですが、最長のところが10年間保存することになっていて、この機関を確認することにより、自己破産の記録は10年間は消えないということになります。
個人再生では最長で10年、任整理では5年間保存されます。

3.消費者金融系と銀行系で変わる信用情報機関

信用情報機関といっても、現在3機関存在し、それぞれの機関によって利用できる金融機関も違っています。
信用情報機関には、JICC(株式会社日本信用情報機構)、CIC(株式会社シー・アイ・シー)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)があります。
CICは国内でも最大の信用情報機関と言われ、クレジットカード会社をはじめ、消費者金融や信販会社、携帯電話会社なども加盟しているようです。
JICCは、消費者金融業者が中心となり設立したこともあり消費者金融業者が多く加盟し、銀行系はKSCに加盟していると言われています。

 

3-1.全国銀行個人信用情報センターとは

専業主婦が利用することになる銀行カードローンでは、主に全国銀行個人信用情報センター(KSC)の情報を確認されることになります。
銀行カードローンを利用する時には、このKSCにどのような情報が記録されているのかが気になるところです。
過去に金融機関を利用したことがあり、その時に延滞をしたという人は、申し込みをする前に事前に確認を出来ないかと思う人もいるのではないでしょうか。
この信用情報機関の信用情報は、加盟している金融機関だけでなく、個人にも情報開示をしています。
本人の情報なら開示してもらえるので、申し込みをする前に自分の情報を確認してみてはいかがでしょうか。

4.個人信用情報の開示請求方法

3つの信用情報機関では、本人の情報開示もしていて、手続きをすれば自分の情報を確認することが出来ます。
消費者金融業者が多く加盟しているCICでは、パソコンやスマートフォン、携帯電話や郵送、窓口を利用して自分の信用情報を確認することが出来ます。
JICCでは、スマートフォンや郵送、窓口を利用しての情報開示をすることが出来ます。
専業主婦が気になるKSCでの情報開示は郵送のみでしか手続きをすることが出来ません。
KSCでは費用として1,000円必要になりますが、事前に知っておきたいという人は利用してみてはいかがでしょうか。

5.実際に個人信用情報を開示請求した口コミ体験談

サイトを見ていると実際に個人信用情報を開示申請したといった体験談をまとめたサイトを見ることが出来ました。
そのサイトでは、3つの信用情報機関を利用したようで、その体験談がわかりやすく紹介されています。
そのサイトの中には、どの信用情報機関でも1週間〜10日程度で開示書類が送られてくると書かれています。
郵送しか受け付けていないKSCを利用する場合には、この程度の時間が必要になることは考えておく必要があるようです。
すぐにお金が必要という時には、この時間はとても長いと感じるのではないでしょうか。
事前に確認をしておきたいという時には、早めに手続きをすることが必要のようです。