申し込み 複数 審査

1.同時に複数の金融機関に借入を申し込むことのデメリットとは

カードローンやクレジットカードを利用する時には、延滞などをせず、確実に返済をしていくことが大切です。
延滞を繰り返したり、3カ月以上も延滞分を支払わないといったことをすれば、信用情報機関に記録をされてしまい金融機関を利用しにくい状態となってしまいます。
この延滞以外にもしてはいけないこともあります。
カードローンを利用しようと考えた時に、確実に利用するために専業主婦でも利用できる複数の金融機関に申し込みをしておこうと考える人もいるのではないでしょうか。
複数の金融機関に申し込めば、どこかの金融機関の審査に通るのではないかと思ってしまいます。
しかし、複数の金融機関に申し込むことは絶対にしてはいけない行為です。

 

1-1.短期間に複数社だと申込ブラックになる可能性も

ブラックリストという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
ブラックリストに載ってしまうと金融機関を利用しにくい状態となるのですが、短期間に複数社に申し込みをすることにより、申込ブラックとして扱われる可能性があります。
初めてカードローンを利用するという人の中には、このブラック扱いになったからといってどんな問題があるのか、ブラック扱いになっても生活には特に支障が出ないのではないかと考える人もいるかもしれませんが、このブラック扱いになることによって将来にも影響します。
金融機関を利用する時には、将来のことも想定して利用をする必要があります。

 

1-2.申込みブラックは信用情報にも影響する?

カードローンを申し込んだときに、その金融機関がまず行うのが信用情報機関の記録を確認することです。
信用情報機関には、カードローンを申し込んだ人の過去の利用実績が数カ月から数年分記録されています。
金融機関は、申し込みを受ければ、まずその申し込み者の過去の利用実績を信用情報機関を利用して確認をします。
この確認によって、申込者が信用できる人なのか、お金を貸しても本当に返済してくれるのかを判断します。
このように信用情報機関に記録されている信用情報はとても重要なものです。
複数の金融機関に短期間に申し込むということは、この信用情報に自ら傷をつける行為と考える必要があります。

 

1-3.教育ローンや住宅ローンにも影響するかを検証

信用情報は金融機関を利用する時にはとても重要な情報です。
この時に気になるのが、将来教育ローンや住宅ローンを利用しようとするときに影響があるのかという点です。
子供が大きくなれば、今の収入では大学費用などは難しいので教育ローンを利用しようと考えている人もいるでしょうし、住宅ローンを利用してマイホームを買いたい、リフォーム費用として使いたいと考えている人もいるでしょう。
これらのローンを利用するときに、カードローンでブラック扱いになるとローンの利用が出来ないのではないかという不安が出てきます。
この信用情報は、これらのローンを利用するときにも確認されることから、もしブラック扱いになっている場合には、これらのローンは利用出来なくなる可能性もあると考える必要があります。

2.専業主婦が融資申し込みできる銀行カードローンとは

カードローンの申し込みや利用の仕方によっては、信用情報に大きな影響を与えてしまうことから、カードローンは慎重に使う必要があります。
将来、教育ローンや住宅ローンを考えている人にとっては、もし信用情報に傷がついてしまったらと考えると利用出来ないという人もいるかもしれませんが、このカードローンは利用の仕方によっては、家計を助けてくれる大きな存在となります。
専業主婦でも気軽に利用できる銀行カードローンは、夫に内緒でも利用することができ、専業主婦には強い味方となってくれます。
軽はずみに利用することはおすすめできませんが、もしもの時のために作っておくことで大きな安心感を得ることが出来ます。

 

2-1.配偶者貸付制度は貸金業法の総量規制対象外

カードローンは専業主婦にとって、安心感を与えてくれる存在となります。
このカードローンに申し込みをするだけでも信用情報に影響をすることから慎重に金融機関を選ぶ必要があります。
すぐにお金が必要となるときにはどうしても審査には通りたいものです。
しかし、いくつもの金融機関に申し込んでしまえば、信用情報に傷がつく可能性があります。
専業主婦が利用しやすい金融機関は、貸金業法の総量規制対象外となっている銀行が最適です。
総量規制の対象外でもあり、銀行は大きな金額の融資も扱っていることから、30〜50万円程度の配偶者貸付では気軽に融資が出来る金融機関で、審査にも通りやすいとも考えられるのではないでしょうか。

3.専業主婦におすすめの銀行系カードローンTOP3!

専業主婦でも申し込むことができ、限度額の上限が高いことでおすすめの銀行系カードローンが、楽天銀行カードローン、イオン銀行カードローン、じぶん銀行カードローンです。
これらの銀行では、専業主婦への限度額の上限を50万円までとしていて、そのほかの銀行では30万円までとしているところが多いのと比べれば、少しでも多くのお金を借りたいという人には最適な銀行といえるのではないでしょうか。
楽天銀行やイオン銀行は専業主婦でも利用できることで知られていますが、じぶん銀行はあまり聞いたことがないという人も多いかもしれません。
しかし、じぶん銀行は三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資していることもあり、安心して利用できる銀行です。

 

3-1.口コミの評判も良いみずほ銀行カードローン

女性の方で、みずほ銀行カードローンを便利に利用できたといった声を見ることが出来ました。
この人は、窓口で申し込みをしたようで、仕切りのあるカウンターでプライバシーも守られている感じがしたと言っています。
近所にあるみずほ銀行で申し込みをする場合は、知り合いに見られるのではないかと不安になりますが、仕切りがあるカウンターなら周りの目を気にせず、色々と質問なども出来そうです。
また、みずほ銀行はATMが多く借入の時に便利たっだとも言っていて、提携ATMが多い銀行なら、急にお金が必要になったときでも近くの銀行やコンビニATMを利用してすぐにお金を用立てることが出来ます。

 

3-2.配偶者貸付は配偶者にも秘密でキャッシングできる?

カードローンを利用する時には、どうしても夫に知られるのではないかという不安があります。
消費者金融でキャッシングを利用する場合には、配偶者の同意書が必要になるため、夫に内緒には出来ません。
銀行なら本人確認書類だけで申し込みは可能なのですが、銀行でも配偶者貸付を利用することもあり、夫に連絡があるのではないかと不安になってしまいます。
しかし、配偶者貸付が利用できる銀行では、このような不安を専業主婦が抱えていることも知っていて、在籍確認なしで利用できるという銀行がほとんどのようです。
また、本人確認のために自宅に連絡を入れた時に夫が出たとしても、お金を借りようとしていることを申込者本人以外の人に伝えることはありません。

4.実際にカードローンを利用している専業主婦の口コミ体験談

専業主婦の口コミを見ると、子供が生まれたばかりなのに夫が転職をしてしまい、カードローンを利用したという人の声を見ることが出来ました。
転職をしてから6か月間の試用期間があったようで、その間の給料では生活が困難な状態だったようです。
この人は、三菱東京UFJ銀行カードローンを利用したようで、カードローンを利用するのは不安がありましたが、大手銀行ということで大丈夫かなと思い利用したようです。
カードローンやキャッシングと聞くと悪いイメージもあるのですが、大手銀行が提供しているカードローンなら安心して利用できるという人も多くいるようです。