カードローン 専業主婦 審査

1.専業主婦が融資を受けられるカードローンとは

収入のない専業主婦がどうしてカードローンを申し込んで審査に通るのかというと、配偶者にしっかりとした収入があると判断できるからです。
ただ、どこの銀行でも専業主婦だからといって、配偶者に安定した収入があると判断してくれるわけではありません。
金融機関によっては、申込者本人に安定した収入がない限りは融資をしないというところもあります。
専業主婦がカードローンを利用するためには、この配偶者に安定した収入があることで融資をしてくれるという金融機関を選ぶことが必要になります。
そういった金融機関を選ぶことで専業主婦でも安心してカードローンを利用することが出来ます。

 

1-1.銀行系カードローンと消費者金融系キャッシングの違い

銀行と消費者金融とでは、一般的に審査は消費者金融の方が通りやすいとされています。
この理由の一つが融資額です。
消費者金融では少額の融資を専門としているため、比較的審査には通りやすいと考えられます。
しかし、これは申込者に安定した収入がある場合で、専業主婦の場合は少し違ってきます。
銀行では専業主婦の場合には少額の融資しかしていません。
そのため、銀行だからといって審査が厳しいというわけでもありません。
また、消費者金融には総量規制の対象となりますが、銀行では総量規制の対象外ということもあり、銀行の方が専業主婦は審査に通りやすい金融機関と考えられます。

 

1-2.配偶者貸付制度を徹底解説!

消費者金融や銀行も、どちらも配偶者貸付を利用できる金融機関です。
しかし、この金融機関によって審査も違ってくると考えられます。
消費者金融で配偶者貸付を利用する場合には、配偶者の同意書が必要で、この同意書では配偶者貸付を利用することに同意することと、信用情報の利用も同意することになります。
そのため、配偶者の信用情報も審査には大きく影響します。
しかし、銀行では夫の同意書は必要ないため、信用情報を確認されるのは申込者本人だけとなります。
どちらも配偶者貸付という同じ言葉ですが、審査ないようには大きな違いがあると考えられます。

 

1-3.貸金業法に基づく総量規制対象外!

消費者金融では貸金業法に基づく総量規制があるため、収入のない人には融資をすることが出来ません。
しかし、この総量規制には対象外となるものもあります。
例えば、住宅ローンや自動車ローンといった目的ローンの場合には、貸金業者からの融資は総量規制の対象外となります。
その他にも、高額療養費や有価証券担保の借入、不動産担保の借り入れなども対象外となります。
また、例外では社会通念上緊急に必要と認められる費用、顧客に一方的に有利となる借換え、個人事業者に対する貸し付けなどがあり、この例外の中に配偶者貸付も含まれています。

2.配偶者貸付制度の利用限度額は配偶者の収入次第

配偶者貸付制度は、消費者金融だけでなく、銀行でもこの配偶者貸付を利用して融資を受けることになります。
消費者金融を利用して配偶者貸付制度を利用した場合には、専業主婦の人は収入がないため配偶者の年収によって利用限度額が決まることになります。
消費者金融の配偶者貸付では、夫婦の年収を合算して年収の3分の1までとなっているため、配偶者の年収次第で利用限度額も決まることになります。
ただ、消費者金融の場合は夫の信用情報も重要になります。
銀行では、夫の信用情報は調べられないことから、収入は申込書に記入された夫の年収だけで審査されます。

 

2-1.配偶者貸付を利用したカードローンのお申し込みと審査

すぐにお金が必要という時には、出来るだけ早く申し込みを済ませて審査を受ける必要があります。
消費者金融の配偶者貸付では、3種類の書類を揃えて申し込む必要があり、申し込みがしやすいとは言えません。
しかし、銀行では運転免許証や健康保険証のような、すぐに用意できる書類だけで申し込みを済ませることができ、すぐにお金が必要という専業主婦の人には最適な金融機関となっています。
配偶者の年収が頼りの配偶者貸付ですが、金融機関によって申し込みのしやすさが違ってきます。
金融機関を選ぶ時には、この申し込みのしやすさも重要なポイントです。

 

2-2.審査に必要な書類を徹底解説!

申し込みの時に必要になる書類が消費者金融と銀行では大きく違います。
消費者金融では、戸籍謄本や住民票などの配偶者との婚姻関係がわかる書類や、配偶者の同意書、配偶者の収入証明書が必要になるのですが、銀行では申込者の本人確認書類だけで利用することが出来ます。
この用意する書類が少ないことは申込のしやすさに大きな影響があると言えるのではないでしょうか。
消費者金融では3種類の書類が必ず必要になり、どれか一つでも足りなければ審査は受けられません。
しかし、銀行では運転免許証や健康保険証といった、今持っている書類だけで申し込みをすることが出来ます。

3.専業主婦におすすめのイオン銀行カードローン!

イオン銀行カードローンは専業主婦でも利用できます。
このカードローンでは、イオン銀行の口座を利用するために必要になるキャッシュカードをローンカードとして使うことが出来ます。
そのため、イオン銀行の口座を持っている人は、即日融資が可能となっています。
イオン銀行ダイレクトを利用して、平日なら15時までに申し込みを済ませて審査に通れば、今持っているキャッシュカードにカードローンの機能が追加されるので、イオンATMを利用すればその日にお金を借りることが出来ます。
このように、イオン銀行はすでに口座を持っているという専業主婦には最適な銀行となっています。

 

3-1.専業主婦におすすめの楽天銀行カードローン!

楽天銀行カードローンは、専業主婦の審査で夫の勤務先への在籍確認をしないことでも知られていて、夫に内緒でカードローンを利用したいという人には、安心して利用できる銀行となっています。
このカードローンの魅力の一つが24時間即時振込です。
楽天口座を持っている人なら、ネットキャッシングを利用して24時間即時振込を利用することが出来ます。
いつ急にお金が必要になるかはわかりません。
この楽天銀行カードローンが利用出来れば、24時間即時振込が利用できるので、急なトラブルでもすぐに対応することが出来ます。
専業主婦には強い味方となってくれるカードローンです。

4.実際に配偶者貸付でカードローンを利用している専業主婦の口コミ体験談

楽天銀行カードローンを利用した人の口コミの中には、専業主婦のわたしでも簡単に早くカードローンを利用することが出来たといった声を見ることが出来ました。
夫の給料日前にピンチになったときに申し込んだようで、10万円の利用枠でしたがとても助かりましたとのことでした。
このように、楽天銀行では急にピンチになったときでも、すぐに助けてくれる存在の銀行です。
夫にはいまだに知られずローンが利用出来ているということで、夫に内緒でカードローンを利用したいという人には頼もしい銀行となっています。
お金に困ったときは、楽天銀行のような銀行に頼ってみてはいかがでしょうか。