カードローン 申し込み方法

1.専業主婦が利用出来る銀行系カードローンとは

消費者金融では総量規制があるために、専業主婦は利用しにくい状況となっていますが、この総量規制は貸金業者が対象で、銀行では対象外となっているところが、消費者金融と銀行との大きな違いです。
法律によって規制がないため、銀行によっては専業主婦でも本人確認書類だけで気軽に利用できるのが銀行系カードローンの特徴ともいえます。
ただ、銀行ならどこでも専業主婦に融資をしているというわけではありません。
専業主婦がカードローンを利用する時には、専業主婦でも利用できるかをしっかりと確認することが重要なポイントとなります。

 

1-1.配偶者貸付制度は配偶者の収入で利用限度額が決まる!

専業主婦でも利用できるといっても、専業主婦の場合には申込者だけの属性だけで審査をするというわけではありません。
申し込みの際には、配偶者の年収や勤務先なども記入することになります。
この配偶者の収入によって利用限度額も決まるということは理解しておく必要があります。
消費者金融や銀行など、カードローンを提供している金融機関で専業主婦が利用する場合には、配偶者貸付を利用することになります。
配偶者貸付では夫の年収がとても重要で、この年収によって希望する借入額が借りられるかも決まってきます。
ただ、銀行では最大限度額は30〜50万円となっていて、この範囲内での利用限度額になると考えておくことも必要です。

 

1-2.貸金業法の総量規制対象外だから便利!

専業主婦がカードローンの利用を考えた時におすすめなのが銀行です。
銀行をおすすめする理由が、貸金業法の総量規制対象外だからです。
総量規制がある消費者金融では、原則収入のない人には融資はしていなくて、それは専業主婦でも同じです。
しかし、銀行では銀行法で営業をしているため、総量規制は関係ありません。
総量規制の対象である消費者金融でも、例外である配偶者貸付を利用すれば融資は可能なのですが、複数の書類を用意する必要があり、申し込みのしやすさを考えても銀行の方が専業主婦には利用しやすい金融機関と考えられます。

2.銀行系カードローンのお申込方法を徹底解説!

銀行からの融資といっても、カードローンの申し込み方法は消費者金融と同じように色々な方法を選ぶことが出来ます。
銀行と聞くだけで敷居が高いと思ってしまう人もいるかもしれませんが、消費者金融と同じような申し込みのしやすさを提供しています。
ただ、その申し込み方法にはそれぞれメリットもあれば、デメリットもあります。
特に初めてカードローンを利用するという人の場合には、この申し込み方法のメリットやデメリットを理解して選んだ方が、トラブルなく申し込みを済ませることが出来ます。
自動契約機、店頭窓口、インターネットでのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

2-1.自動契約機での申し込みのメリットとデメリット

自動契約機の大きなメリットが、その場ですべての手続きを完了できるという点です。
申し込みをして審査を受け、契約をしてカード発行までその場で済ませることができ、即日融資も可能となっています。
また、わからないことがあっても、備え付けられている電話を利用すれば、専門スタッフが教えてくれるので、初めての人でも安心して利用することが出来ます。
デメリットとしては、その場所まで出向く必要がありますし、営業時間内しか利用することが出来ません。
その場でカードが発行してもらえるといっても、営業時間ぎりぎりに申し込んだとしても、カードを発行してもらえるのは翌日になってしまうこともあります。

 

2-2.店頭契約での申し込みのメリットとデメリット

店頭契約での申し込みのメリットとして挙げられるのが、担当のスタッフに直接相談が出来たり、直接申し込み方法などを聞けるという点です。
電話で話していてもよく意味が分からないということもあります。
直接スタッフから指導をしてもらえれば、確実な申し込みをすることが出来ます。
また、自動契約機なら機械操作をする必要があり、機械が苦手という人にも、店頭契約は最適な方法です。
デメリットは自動契約機と同じように、その場所まで出向く必要があることや、人と話すのが苦手という人には向いていないという点です。
しかし、最近では女性専用のカードローンなどもあり、女性でも安心して申し込みやすい環境が整っている金融機関もあります。

 

2-3.インターネット申し込みのメリットとデメリット

インターネットでの申し込みのメリットは、なんといっても24時間対応しているという点です。
忙しい時には、自動契約機や窓口が営業している時間に利用できないことはよくあります。
インターネットなら24時間受け付けているため、自分の都合のいい時に気軽に申し込むことが出来ます。
また、即日振り込みに対応している金融機関なら、審査が通ればその日にお金を手にすることも出来ます。
インターネットでの申し込みはとても便利なのですが、カードの受け取りが後日になるというのがデメリットです。
また、パソコン操作が不慣れな人の場合には、申し込みをするだけでも多くの時間がかかってしまうこともあります。

3.審査のお手続きに必要な書類を徹底解説!

カードローンを利用するときに必ず用意する必要があるものがあります。
それが、本人確認書類や収入証明書といった書類です。
これらの書類は必ず用意する必要があるので、申し込みをする前には準備することをおすすめします。
消費者金融の配偶者貸付を利用した場合には、配偶者との婚姻関係を示す書類や収入証明書、配偶者の同意書が必要になります。
しかし、銀行の多くが専業主婦の利用であっても本人確認書類だけで申し込めるところは多くあります。
この用意する書類の少なさも銀行を利用する上で大きなメリットとなっています。
銀行によっては配偶者の収入証明書を求められる場合もあるので事前に用意することをおすすめします。

 

3-1.本人確認書類と収入証明書

本人確認書類とは、一般的に利用されているのが運転免許証や健康保険証、パスポートです。
これらの書類のいずれか一つが用意できれば、本人確認書類として利用することが出来ます。
専業主婦が利用する場合には、夫の勤務先が記入されている健康保険証を提出する方が審査に通りやすいと考えられます。
在籍確認をしない金融機関もあるのですが、あえて勤務先が記入された健康保険証を提出することにより、その書類から勤務先が確認でき、金融機関も安心して融資が出来ると考えられます。
収入証明書では、サーリーマンの人なら源泉徴収票や給料明細書、自営業なら確定申告書などが利用することが出来ます。

4.専業主婦におすすめの銀行系カードローンTOP3!

銀行系カードローンで専業主婦におすすめなのが、三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、楽天銀行が挙げられます。
三菱東京UFJ銀行では、専業主婦でも利用できるバンクイックがあり、このバンクイックは自動契約機で申し込みをすることが出来ます。
銀行で自動契約機が利用できるところは珍しく、三菱東京UFJ銀行の各支店にあるATM横にはテレビ窓口が設置され、そこから申し込みからカード発行まで受けることが出来ます。
みずほ銀行や楽天銀行でも専業主婦が申し込みをすることができ、銀行ならではの低金利でカードローンを利用することが出来ます。