カードローン 専業主婦 借入限度額

1.専業主婦が契約してキャッシングできる方法と内容を徹底解説!

専業主婦がキャッシングを利用するという場合に、まずしなければいけないのが、専業主婦でも利用できる金融機関を探すということです。
専業主婦が利用できる金融機関は多くありますが、すべての金融機関が専業主婦の利用を歓迎しているわけではありません。
専業主婦では利用できないといった金融機関も多くあります。
キャッシングを考えた時には、まず専業主婦でも融資をすることをはっきりと伝えている金融機関を探すことが重要なポイントとなります。
専業主婦でも利用できる金融機関は、消費者金融と銀行とでも大きな違いがあり、その違いをしっかりと理解することも大切です。

 

1-1.消費者金融と銀行キャッシングの違い

専業主婦がキャッシングやカードローンの利用を考えた時に、消費者金融を選ぶのか、銀行にするのかも重要なポイントとなります。
専業主婦が利用できないところに申し込んだとしても、審査にはまず通りません。
この消費者金融と銀行との大きな違いに法律があります。
どちらも同じ金融機関なのですが、適用されている法律が貸金業法と銀行法という違いがあります。
この貸金業法では総量規制というものがありますが、これは銀行法には適用されていません。
そのため、総量規制は消費者金融のような貸金業者だけが対象であり、銀行は対象外です。

 

1-2.知っておきたい貸金業法の総量規制

消費者金融では専業主婦が利用するには厳しい金融機関となっています。
この厳しさを与えているのが総量規制です。
消費者金融ではこの総量規制があるために、収入のない専業主婦では利用しにくい環境を作っています。
総量規制では、消費者が安全にお金を借りて生活が出来るように作られた法律です。
年収の3分の1までに規制をすることによって、消費者の借り過ぎ、業者の貸し過ぎを防いでいます。
ただ、この総量規制が出来てからは、消費者金融では専業主婦が利用しにくい状態になったのは事実です。
しかし、この総量規制には例外もあるところが注目すべきポイントです。

 

1-3.配偶者貸付制度は総量規制の対象外!

総量規制には例外があり、その中に配偶者貸付制度があります。
総量規制では収入のない人には融資は出来ないことになっているのですが、例外として配偶者貸付制度が設けられ、この制度では夫婦の年収を合算して融資を受けられることになっています。
そのため、夫に収入があれば、妻に収入がなくても夫の収入をもとに審査を受けることが出来ます。
この配偶者貸付制度は総量規制の対象外であることから、収入のある専業主婦でも消費者金融を利用できることになります。
ただ、この配偶者貸付を採用している大手消費者金融はなく、この制度を利用するためには、中小消費者金融を利用する必要があります。

2.配偶者の収入に応じて変動する借入限度額

専業主婦が融資を受けられる理由は、夫に安定した収入があることで信用を得ることが出来るからです。
金融機関では信用のない人には融資はしません。
この信用というのは、確実に返済が出来るかどうかという点が重要なポイントとなります。
収入のない人は融資をしても返済が出来ないと判断されるのですが、専業主婦は夫に安定した収入があると判断され、収入がないにもかかわらず大きな信用を得ることになります。
この専業主婦が金融機関を利用する場合には、借入限度額は申込者によって判断されるのではなく、配偶者の収入に応じて変動すると考える必要があります。

 

2-1.即日キャッシング等、融資スピードが速いから凄い!

融資を受けるための審査はとても重要です。
金融機関にとってもこの審査によって、本当に返済できる人なのかを判断する必要があります。
そのため、この審査には長い時間が必要だと思いがちですが、最近ではキャッシングが利用できるスピードは、銀行でもとても早くなっています。
もともと消費者金融ではこの融資スピードを売りにして事業をしているのですが、銀行は審査には多くの時間がかかっていました。
しかし、大手銀行では、その消費者金融を傘下とするところもあり、審査を審査スピードの速い業者に任せることによって、消費者金融と変わらない融資スピードを可能としています。

 

2-2.配偶者貸付制度を利用するために必要な収入証明書と同意書とは

消費者金融の配偶者貸付を利用するためには、婚姻関係を示す書類や収入証明書、配偶者の同意書が必要になります。
また、銀行でも配偶者貸付を利用する場合には、収入証明書が必要になる場合もあります。
収入証明書とは、配偶者の収入を示す書類で、サラリーマンの人なら源泉徴収票や給料明細書などが利用されます。
配偶者の同意書とは、信用情報を提供することや、配偶者貸付を利用して借り入れをすることにサインをしてもらうということです。
この配偶者の同意書にサインをすることにより、夫の信用情報も審査対象となり、もし夫に多くの借り入れがあったり、過去の利用実績に問題があれば審査は厳しいものとなります。

 

2-3.配偶者に内緒で借りられるか徹底解説!

専業主婦がキャッシングを利用するときに気になるのが、夫に内緒で利用できるのかという点ではないでしょうか。
すでに夫の名義で多くの借り入れをしている人にとって、仮に子供のためであっても、あまり夫に不安をかけたくないため、内緒で利用したいと考えている人も多いのではないでしょうか。
毎日自分たちのために、夜遅くまで働いてくれている夫には金銭的な問題まで相談しにくいものです。
消費者金融の配偶者貸付では、配偶者の同意書が必要となり、夫に内緒で借りるのは難しいのですが、銀行では本人確認書類だけで融資しているところもあり、夫や家族に内緒でカードローンを利用することは可能です。

3.口コミでも話題の楽天銀行カードローン

夫や家族に内緒で借りたいと考えている専業主婦に口コミでも話題となっているのが楽天銀行カードローンです。
このカードローンは専業主婦でも利用できることで知られています。
このカードローンでは、専業主婦でも本人確認書類だけで申し込みをすることができ、配偶者の同意書は必要ありません。
また、通常カードローンを利用する時には在籍確認をするのですが、この銀行では専業主婦が利用する場合には夫への在籍確認なしで審査が受けられるところも人気となっている理由のようです。
インターネットを利用して気軽に申し込むことができ、夫や家族には内緒にしたいという人にはおすすめの銀行です。

 

3-1.使い勝手の良いイオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンも専業主婦でも利用することが出来ます。
このカードローンはイオン銀行のATMなら手数料無料で利用することが出来ます。
毎日イオンで買い物をしている人なら、お金が必要になったときに、買い物のついでにイオンで気軽にお金を借りることも出来ます。
また、近くにイオンがないという人でも、近所にあるコンビニATMを利用することも出来ます。
申し込みでは窓口まで行かなくてもインターネットを利用して自宅で済ませることもでき、
イオン銀行カードローンは、申し込みのしやすさや使い勝手が良いことが人気となっているカードローンです。

4.実際にカードローンを利用している専業主婦の口コミ体験談

色々と行事が重なり、イオン銀行カードローンを利用したという専業主婦の口コミを見ることが出来ました。
色々な行事によって出費が増えてしまい、夫の給料日までどうしてもお金が足りないといった状況だったようです。
いつも買い物でイオンを利用していることもあり、イオン銀行カードローンを利用したとようで、10万円の利用枠を頂けましたとのことです。
また、夫の同意書も必要なクローンが利用出来たとも言っていて、専業主婦でも気軽に申し込みが出来そうなカードローンです。
このように、カードローンをうまく利用して、家計のピンチを解決している専業主婦は多くいます。