カードローン 専業主婦 きっかけ

1.教育費用や生活費の不安がきっかけとなる専業主婦のカードローン利用

家計を守る専業主婦にとって、教育費用や生活費への不安を抱えている人は多いのではないでしょうか。
子供が大きくなれば、子供に必要になる費用の内容も違ってきます。
子供が小さい頃には玩具やおやつ代など子供に対して大きな費用となっていたのが、大きくなるにつれ勉強のために必要なお金や部活動のための費用なども必要になりますし、毎月のお小遣いも増えてきます。
また、購入した時には問題なく生活できていた家も、年数を重ねれば様々な部分が古くなり、買い替えをしたり、リフォーム費用などもかさみます。
このような費用のために貯金をしている人も多いのですが、どうしても足りないという時に役立つのがカードローンです。

 

1-1.高校や大学の入学費用による負担の増加

子供が高校生や大学などの進学を控えれば、家計の負担も増えることになります。
スポーツなどをしていて、強い高校に入れば新しい道具を揃えたり、遠征費用などで思わぬ出費が必要になることもあります。
大学の進学を控えれば入学費用の心配もありますし、もし受験に失敗をすれば予備校などに通う必要もあるかもしれません。
大学に入学して、大学費用は奨学金で何とかなったとしても、地元の大学でない場合には生活費用などが必要になります。
このように、子供が大きくなれば、どうしても今の収入だけでは足りないということが起こります。
しかし、カードローンが利用出来れば、一時的な出費ならすぐに解決することが出来ます。

 

1-2.車のローンや住宅ローンで圧迫される家計

家計を圧迫する原因は子供だけではありません。
毎日、夫は会社まで車で通勤をしているという場合には、車に対しての費用もしっかりと計算する必要があります。
車はガソリン代だけでなく、車検代や保険代、税金などの維持費が必要になり、車が古くなれば車検を受けると修理をする必要箇所が見つかり、思っていた以上にお金が必要になるということも起こります。
新し車をローンで買えば、そのローンによって大きな負担がかかることにもなります。
また、とくに負担が大きいのが住宅ローンです。
住宅ローンを組んだときは特に問題がなかったのに、車のローンや子供への費用が増えたことにより、住宅ローンの支払いが困難になってしまうこともあります。

 

1-3.カードローンは人生をサポートしてくれる頼もしいパートナー!

生活をするためには、毎月のように大きなお金を支払いながら生活を送っていく必要があります。
子供が成長するのは親としてとてもうれしいことなのですが、お金がないというのはとても辛いものでもあります。
また、そのお金がないことにより、子供に我慢をさせたり、負担をかけたくないと思っている人も多くいます。
このようなときに大きな助けとなってくれるのがカードローンです。
生活をしているとあと数万円、10万円でもあれば十分にピンチを乗り切れるということはよくあります。
そんな時に頼れる人がいる場合にはいいのですが、そんな人はいないという人は、カードローンが利用できることで簡単に乗り切ることができ、頼もしいパートナーとなってくれます。

2.消費者金融系キャッシングと銀行系カードローンの違い

カードローンやキャッシングの利用を考えた時に、消費者金融を利用しようか銀行を利用しようかと迷ってしまうという人も多くいます。
消費者金融は金利が高いことがわかっていても、審査に通りやすいとも言われ、確実に審査に通りたいと考えている人、すぐにお金が必要という人には人気があります。
銀行は金利が低いことが大きなメリットでもあり、消費者金融との大きな違いとなっています。
どちらにもメリットやデメリットがあるのですが、専業主婦が利用しやすいのは銀行です。
消費者金融や銀行でも配偶者貸付が利用できるのですが、消費者金融には総量規制があり、収入のない専業主婦には利用しにくい金融機関となっています。

 

2-1.貸金業法の総量規制と利用限度額を解説

消費者金融のような貸金業者では総量規制があり、この総量規制によって利用限度額も変わってきます。
総量規制というのは、申込者の年収によって融資する限度額を決めようというもので、年収の3分の1までの融資しか受けられません。
この総量規制は貸金業法によって定められているもので、対象となるのが貸金業者です。
そのため、1社の借り入れが年収の3分の1ということではなく、貸金業者すべての借入額が対象となります。
年収が300万円で、他社から70万円もの借り入れがあれば、新たな貸金業者に申し込んだとしても、借りられるお金は最大でも30万円までとなります。

 

2-2.配偶者の収入によって審査時に借金額が変わる!

収入のない専業主婦が配偶者貸付を利用する場合には、配偶者の収入によって借金額も決まることになります。
総量規制の例外である配偶者貸付では、夫婦の年収を合算して年収の3分の1までの借り入れをすることが出来ます。
主婦でも収入があれば夫婦の年収を合算できるので大きなお金を借りられる制度なのですが、専業主婦の場合には収入がないため配偶者の年収によって借入額も変わってきます。
銀行での配偶者貸付では、最大限度額は30万円まで、50万円までと各銀行によってあらかじめ決められています。
誰でもこの最大限度額が借りられるというわけではなく、配偶者の年収によって利用できる限度額にも大きく影響すると考えられます。

 

2-3.配偶者貸付制度があるから専業主婦も借りられる!

配偶者貸付制度では、名前の通り配偶者の収入によって専業主婦でも融資をするというものです。
そのため、配偶者に安定した収入があることで融資を受けることが出来ます。
この配偶者貸付は、専業主婦だからこその特権とも言えます。
通常なら収入のない人には金融機関はお金を貸し付けることはありません。
しかし、専業主婦として生活が出来るということは、配偶者にそれだけの収入があると判断ができ、収入のない専業主婦でも借りられることになっています。
専業主婦は家事だけでなく、近所づきあいや子供の世話などいろいろ大変な仕事があるにも関わらず収入はありません。
しかし、この配偶者貸付をうまく利用することによって、専業主婦でも便利なカードローンを利用することが出来ます。

3.口コミで話題のイオン銀行カードローンを解説!

専業主婦でも利用できる銀行として口コミでも話題になっているのがイオン銀行カードローンです。
この銀行はイオン系列ということもあり、すでにイオン銀行の口座を持っているという人もいるのではないでしょうか。
そんな人は、このイオン銀行カードローンを利用すれば、即日融資も可能となっています。
口座を持っていない人は、まず口座開設をする必要があるのですが、すでに持っている人なら口座開設の手間がないこともあり、すぐに融資を受けることが出来ます。
イオン銀行カードローンBIGの金利は年3.8%〜13.8%となっていて、銀行カードローンの中でも低い設定となっているところも魅力です。

 

3-1.実際にカードローンを利用している専業主婦の口コミ体験談

専業主婦の口コミの中に、子供の学費を工面するためにキャッシングを利用した人の体験談を見ることが出来ました。
第一希望は国立だったようでしたが、第一希望は残念な結果となりましたが、第二希望の私立大学には合格したとのことでした。
大学費用のために貯金はしていたようでしたが、予備校の費用にすべての貯金を使ってしまい入学金が足りなくなり、キャッシングを利用して工面したようです。
このように、大学費用のために貯金をしていても、予備校に行けばそれだけ大きなお金も必要となります。
このようなときに大きな助けとなるのが、キャッシングやカードローンです。