専業主婦 お金 借りる

専業主婦でもお金を借りられるのは銀行カードローンだけ!

専業主婦がお金を借りることなんてできないと思っていませんか?
結論から言うと、専業主婦でもお金を借りられます。
それではなぜ専業主婦でも借りられるのか、その理由は「総量規制」という制度が重要なポイントになります。

 

総量規制とは、2010年に施行された貸金業法のひとつで多重債務で苦しむ人を助けるために定められた、個人の借入総額が年収の3分の1を超えてはいけないという制度です。
ということは、年収ゼロの専業主婦は1円もお金を借りることができないのでは?と思うかもしれませんが、この総量規制という制度には例外となる借入が存在します。

 

それが銀行カードローンです。

 

カードローンは、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者から借りる「消費者金融系のカードローン」と銀行から借りる「銀行系のカードローン」に分けられます。
総量規制は貸金業法のひとつなので、貸金業者である消費者金融系のカードローンを利用する際には適用される制度ですが、銀行系のカードローンでは適用されません。
 
つまり、年収がゼロの専業主婦でも銀行カードローンなら借りられるということです。

 

しかし、いくら銀行に総量規制という制度が適用されないとしても、年収がゼロで借りたお金を返す能力がないであろう専業主婦に対して融資してくれる銀行など存在するのでしょうか?
もちろん存在します。

よく考えてみてください。専業主婦は年収ゼロ。ということはつまり、自分の収入がゼロでも生活できるだけの収入がある夫がいるということです。
申込の際に記入してもらう夫の情報を参考にすることで、たとえ専業主婦本人の年収がゼロであっても融資をしてくれる銀行カードローンがあるのです。「専業主婦」ということがひとつの信用情報になっていて、立派な職業でもあるということですね。

 

専業主婦がお金を借りるなら銀行カードローンを利用しましょう。

夫に内緒で借りるには?

専業主婦でもお金を借りられるということはわかりましたが、その次に気になるのは夫に内緒で借りられるのかということです。
ほとんどの銀行カードローンでは、専業主婦が銀行カードローンを利用する際に配偶者の同意書や収入証明書を提出する必要はありません。
しかし、それでも夫にバレてしまう場合があり、夫に内緒でカードローンを利用する際には特に気をつけておかなければならないケースが2つあります。

 

まず1つ目が在籍確認の時です。

そもそも在籍確認とは、申込の際に記入した内容に間違いがないのか、具体的には記入してある勤務先に本当に在籍しているのかを確認することです。
専業主婦がカードローンを利用する場合は、夫の勤務先に在籍確認の電話がかかってきます。
ということは、夫にすれば会社の電話に身に覚えのない相手から個人的な電話がかかってくることになり、夫が不審に思うのも当然です。

 

ここでカードローンを利用していることがバレてしまう専業主婦が非常に多いです。

 

在籍確認のない銀行カードローンがあればよいのですが、銀行からすると申込者が本当に返済能力があるのかを判断するための重要な作業なので、基本的には在籍確認を避けることはできません。

 

しかし、それでも夫に内緒で在籍確認を切り抜ける方法があります。
それは「夫にあらかじめ銀行から電話がかかってくるということを伝えておく」ことです。

 

                                      

 

銀行から電話がかかってきたとしても、それがカードローンの在籍確認のためだと知られないようにするために、たとえば「○○銀行でクレジット機能付きのキャッシュカードを作るから確認の電話が会社にかかってくる」ということを前もって伝えておけばよいのです。
大手のみずほ銀行や、普段からイオンを利用している方ならポイント優遇のあるイオン銀行にすると怪しまれることはまずないでしょうからおすすめです。

 

また、在籍確認については事前に銀行に相談しておくとよいでしょう。電話をかける時間をこちらの希望に合わせてくれたりなど、この電話がカードローンの在籍確認であるとわからないように十分配慮してくれます。

 

そして2つ目が郵送物です。

月々の明細は郵送なしで全てweb上で確認することができるのですが、契約書やローンカードは自宅宛てに送られてくることになります。
 
その時に夫が郵送物を受け取り中身を確認されて、カードローンに関するものだとバレてしまうというケースです。

 

しかし、これはいつ郵送物が送られてくるということを知っていると対処は簡単です。
専業主婦の方であれば、平日の昼など夫が自宅にいない時間帯に郵送物を送ってもらうように指定しましょう。

 

また、カードローンを選ぶ時にはどの段階で何が送られてくるのかを確認しておき、自分の生活スタイルに合った方法で利用できるカードローンであるのかをよく確かめておきましょう。

 

 

 

 

以上の2つのケースをしっかり押さえておけば、専業主婦の方が夫に内緒で借りることができます。

 

即日審査・即日融資を可能にするために

専業主婦にも急にまとまったお金が必要になる時があります。
家族のためや友人のため、あるいは自分のため。
目的はなんであれ急ぎでまとまったお金が必要になった時、銀行カードローンなら即日審査・即日融資が可能です。

 

まずは即日審査を可能にする方法ですが、webで申込む、これだけです。

 

銀行カードローンの申込方法は、店頭窓口での申込や電話申込など様々な方法がありますが、web申込が一番早いです。
さらに、web申込は24時間受け付けているので夫がいない昼の間や夫が寝ている深夜にこっそり自分のスマートフォンやパソコンで申込が可能です。

 

 

次に即日融資の方法ですが、これには2つ条件があります。

 

利用する銀行カードローンの銀行口座を持っていること

すでにその銀行の口座があると、銀行側は申込者の基本情報やお金の出入りを照合することができるので審査がすばやく進み、手元にあるキャッシュカードで借入が可能になります。

 

申込をwebで午前中に済ませておくこと

午後2時を過ぎた申込の場合は審査結果の連絡が翌営業日になる銀行カードローンがほとんどなので、即日融資で利用したい方は今すぐwebで申込をしましょう。

 

 

 

 

 

この方法で手続きを済ませ契約が完了すれば、あとは手元にあるキャッシュカードでお金を引き出すだけです。
即日審査・即日融資でカードローンを利用するにはすばやい行動がカギになります。条件を満たしている方は今すぐ申込を。

目的別おすすめ銀行カードローン

絶対に夫にバレたくないという方におすすめの銀行カードローンはみずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンは、キャッシュカードと兼用でカードローンを利用することができます。
手元にあるみずほ銀行のキャッシュカードでカードローンを利用することができるということは、郵送で新しいカードが送られてくることもなく、ATMでお金を引き出す際にも周囲からはカードローンを利用していることがわからないので、絶対に夫や周りの人にバレたくないという方におすすめです。

金利4.0〜14.0%

利用限度額:30万円

借入希望額が200万円までなら収入証明書不要

カードは「キャッシュカード兼用型」か「カードローン専用型」から選択可能。

 

 

カードローンを利用するのは今回が最初で最後だという方におすすめの銀行カードローンは新生銀行カードローン レイク
新生銀行カードローンレイクは、申込が初めてなら30日間無利息か5万円まで180日間無利息のどちらかを選べる無利息ローンがあるので、カードローンの利用は今回一度きりで今後利用するつもりはないという方におすすめです。

金利4.5〜18.0%

利用限度額:500万円

借入希望額が100万円までなら収入証明書不要

 

 

auのスマートフォン・携帯電話を利用しているという方におすすめの銀行カードローンはauじぶん銀行カードローン
auユーザーなら来店不要・口座不要で最短即日融資が可能になり、通常よりも金利が低くなるのでauのスマートフォン・携帯電話を利用している方におすすめです。

金利2.4〜17.5%(auユーザーなら2.3〜17.4%)

利用限度額:800万円

借入希望額が300万円まで収入証明書不要

 

 

少しでも金利が低いのがいいとう方におすすめの銀行カードローンはイオン銀行カードローン
イオン銀行カードローンは、金利が3.8〜13.8%と低く設定されているので、とにかく金利が低いカードローンを利用したいと考えている方におすすめです。
また、イオンの店舗にはイオン銀行のATMがあり日頃からイオンをよく利用している方なら急な借入や返済に対応しやすいので、その方にもおすすめです。

金利3.8〜13.8%

利用限度額:50万円

借入希望額が300万円まで収入証明書不要

迷った時はみずほ銀行カードローン!

金利が低い

みずほ銀行カードローンの金利は3.5%〜14.0%です。
借りた金額によって金利が変動し、たくさんお金を借りるほど金利は低くなっていきます。
専業主婦が借りられる限度額はどの銀行カードローンでも50万円程度と少額なので、金利を比較する際には最高金利を参考にするとよいでしょう。
そうすると、みずほ銀行カードローンの14.0%という金利は低く設定されているということがわかります。

 

webで簡単に申込・明細確認ができる

みずほ銀行カードローンの申込ページは、他のどの銀行カードローンの申込ページよりも遥かに見やすく記入しやすいです。
例えば、記入する欄の背景にはわかりやすく色がついていたり、説明文の文字は大きいサイズで表示されているなど、初めて利用する人でも視覚的にわかりやすい設計になっています。
また、申込だけでなくカードローンの月々の明細なども全てwebで確認できるので、夫にバレない上に非常に便利です。
このことから、みずほ銀行カードローンは利用者の立場になって細かい部分まで手厚いサービスをしてくれる、万全のサポート体制であるということも読み取れます。

 

「キャッシュカード兼用型」か「カードローン専用型」から選択できる

みずほ銀行カードローンは、カードの種類を「キャッシュカード兼用型」か「カードローン専用型」の2種類から選択できます。
「キャッシュカード兼用型」でカードローンを利用すれば、専業主婦にとってありがたいことがたくさんあります。
まず、すでに持っているキャッシュカードでカードローンを利用することができるので新しいカードを発行する必要がなく、郵送によって夫に見つかってしまうというリスクがなくなります。
さらに、カードそのものを夫にバレない場所に隠しておく必要がなく、カードローンの利用を終えた後にカードを処分することなく今まで通りキャッシュカードとして使用できます。

 

 

金利が低い、webで簡単に申込・明細確認ができる、「キャッシュカード兼用型」か「カードローン専用型」から選択できるという、他の銀行カードローンにはない安心感がみずほ銀行カードローンにはあるので、どの銀行カードローンにしようか迷っている方はぜひ参考にしてください。